» 就職のブログ記事

就職活動と面接

| 就職 |

就職活動で特に力を入れるのが面接ではないでしょうか。務経歴書や自己PRなども大切ですがある意味、面接する人を絞る為に行われ場合が多いようです。書類審査や、ペーパーテストの段階で不採用になり、面接が受けられなかったという人もいます。書類選考で落ちると言う事は、単純にその企業の基準に自分が当てはまらなかったということが予想されます。自分という人間のプロフィールが、企業の欲しい人物ではなかったというだげなので、落ち度がどうのということではありません。次の仕事探しをすることに目を向けるようにしましょう。もしも採用試験の最初の段階がうまくいって、面接までこぎつけたという場合は、企業研究をして面接への備えをしておくことです。筆記試験の結果が悪かったとしても面接での印象が良ければ、悪かった評価を覆すことは十分に可能なのです。面接のために書類選考があったといっても過言ではなく、いかに面接が大事かわかろうというものです。採用面接では、企業側が必要としている人材を踏まえた上で、自己PRの方向性などを決めておくことです。会社にとって必要な人材かどうか、会社の社風に合うかどうか、最低限の社会人としての礼儀や常識などがあるかどうかを面接時には確認されます。書類選考の段階ではわからない、対人能力や、自己アピール力についても面接で判断されます。面接は会社によって方法も内容も異なりますが、採用するかどうかを判断するための重要なポイントであることに間違いはありません。身だしなみや話し方、社会人としてのマナーなど、面接に行く時には最低限の対策に加えて準備しておきたいことがたくさんあります。
http://www.dream-kelly.com/